花びら椀 茜と黒【長井均】

輪島の塗師 長井均(nagai hitoshi)さんは夜間高校に通いながら住み込みで下地の修行をされた方です。年季明け後に上塗りの修行をし 職人として独立して33歳で作家になったベテランの漆作家です
長井塗りといわれる熟練の技術で漆器を作っています
写真のお椀は はなびらのように口元が緩く広がったデザインで「はなびら椀」と呼ばれています。
赤溜の色を長井さん独自の呼び方で「茜朱」と読んでいるお椀です。
黒と茜色 どちらも落ち着いた色のお椀です
漆器は使って洗って拭いてを繰り返すことで漆の艶が増します。
塗り直しもお願いできるので一生 食卓のお供としてお使いください
食洗機を使わず手洗いをお願い致します
口元までで350cc 口径120ミリ 高さ80ミリ  内側の深さ65ミリ  重さ93g

¥ 13,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料900円が掛かります。

通報する

ショップの評価